ユースケのハング日記


by cxtwh785
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
大佐山のフライインに参加してきた
このエリアは来年からハングでは飛べなくなる可能性があるため、みんなで盛り上げて行こうという趣旨

らんぽうさん、マツさん、バンドウさん、テラサカさん、ケンチャンさん等が尽力してくれています、ありがとうございます

七時前出発の九時半くらいテイクオフ着、近いもんです
さっそくエントリして、セットアップ
割とテイクオフに近いところでセットアップできたおかげでうじーえさんに続き、五番目くらいにテイクオフ
開会式が1130くらいの、50分ゲートオープンでした

南東強めで10時くらいからパラはソアリングしてた
テイクオフ右尾根で少し上げ、パラテイクオフぐらいでもうひと上げ1100くらいで山頂から南のインター見ざす人がいたし、積雲もあったのでついてく
アンテナ山ちょい手前で
もうちょいの積雲には届かず、前の機体はまわしてるんだけども高度もしょぼくなりパラランとメインランとの間の尾根で上げなおす
ちょっと見切りが早かったなあ、結果的に
そして初ソアリングはここでしたなぁと感慨深く回してた
旋回方向が苦手の右回しだったが、よく練習できた
あんなに右回ししたのは久々だ
でもガグルができてくるとバンクが浅くなっていき、外してしまうこと数回
夜に聞いた話ではガグルでは普段よりキツめバンクで、でも、攻めすぎないで内側に入らないようにするとよいとのこと
キツめバンクは他機の後流(漢字違う気がする)の影響を避けるため
インに入らないのは、入るとそれまでの調和が狂い、その一周は高くなれるかもやけど、その後に無駄ができてしまいトータル的には無駄になるそうな

再度1200くらいでインター目指す
一キロ先ににうじーえさん、マツさん、同高度ちょい前にナカノ
ナカノの機体には負けてないこと確認しながらグライド
同滑空比で追いつき、追い抜いた
アンテナ山くらいで前の二人がかえってくるし、リフトも見つからず引き返す
この帰りでは僕の下がりが大きかったのはVGをもどしたからか、ライン取りが悪かったからか
結局そのまま上げ直せずランディング
今度は見切りが遅かった
マツさんやうじーえさんは上げ直してたのでまだ上げるとこは可能やったろうに
段々の大きいランディングにフレア直前でピッチングしながらもキレイにフレアも決まる
少しニュートラルがおそくなってきたかも

降りたのは早く、やはり勝とうという気概のなさが自分残念です
でも愉しく飛べたし、まーいっか

エアータイムも結局見てないし、成績もまったく気にしないのはどうかと思うけど

そうそうタスクはデュレーションでした、
一応南のSAと北のダム、ともに距離5kmくらいを回れたら回ろうてなこともいいつつ

飛んでてデュレーションよりパイロンのほうに主眼おいてたらだめだよな

降りてブレイクダウンしながら二時くらいからビール開始
ランディング脇で四缶
やり過ぎです

会場に入り、風呂のち宴会六時過ぎ開始
弁当でしたが、量多く、ビールもたっぷりで夜はふけて行きましたとさ
僕の寝不足のため、残念ながら0時過ぎにダウン

開けて日曜は残念ながら悪天候のためはやばやキャンセルでした
閉会式が行われ、大佐山ハングの継続をみんなで願い
成績はトップうじーえさん、タケシさん、、、
大佐山初フライトの
面々にも協賛各社から商品もありました

リパック講習会でお世話になったネイチャー大佐の山下さんに少し挨拶して帰路につきましたとさ
おしまい
[PR]
by cxtwh785 | 2010-10-12 08:55 | Competition
資格試験前で忙しい時期
でも春の大佐は行っとけでしょ!!と
その前週に霊石で1本?2本?飛び、

大佐に参加

よくは覚えてないけど、
上げて走りだす。
しかし先行集団を意識しすぎ、距離差は詰まるも
走り始めが50mくらい低く、速度分の失高とで、弁当屋までのルートが厳しく感じ始め、
大佐盆地の東端で引き返しTOに戻ろうと。

でそのままウダウダになってしまいLD.

bloglink
うじーえさん
1
2
3

マツさん

タカナミさん

アキちゃん
1
2
[PR]
by cxtwh785 | 2009-04-20 04:52 | Competition
メンツ 山野さん エグヤン 高波さん オーガさん タケシさん アキヨシさん 中野 ムタ 哲平 アオイちゃん(山大OG) ユースケ

積雲多く日照は少ない
弱いブローでオーガさん、中野、高波さん、アキヨシさん、ユースケとテイクオフ
みんな前の小山や街のサーマルで上げている。
TO右尾根を攻めるもないので、みんなと合流
300mくらいからじわじわ上がるも僕はプラス50、(700m)までが精一杯
ダムを目指してみるも、まったくいい感じがしないので、
小山に戻るも、下げすぎてしまったか、そのままLD

airtime 30min

スイングラインはTO前は短い方をたして飛ぼうと考えていたが、
TOがしっかり入っていないのビビリ、ノーマルで飛んだ。
 
川へ涼みに。


20080712 大佐


宴会は焼肉 大和でドンチャン騒ぎ。
肉うまー、ビールうまー。

宿泊所に移動後はあまり覚えてないけど、どうやら4時ころまでのんどったそうな。


もちろん翌朝日曜は二日酔い・・・。
で飛べませんでした。


20080713 大佐


この日の
Takanamiさんのblog
[PR]
by cxtwh785 | 2008-07-12 18:48 | FreeFlight

20080506 大佐XC

メンバーは
今ヤン和田さんオーガさんマツさん中野ムタユースケ
キョウハンからうじーえさんサダボンさんタケシさんアキヨシさんアキちゃん
回収要員でオギソ

0630アキヨシさん家族とと合流しオーク出発
0830大佐メインランディング着タケシさんと合流
ほどなくサダボンさんうじーえさん家族も

南西弱し
10場半ころからパラが上がりだす

11時前に今ヤンからテイクオフ
ムタ、ユースケ(11:10くらい)と続き
今ヤンの100くらい下で1700くらいに上がるがテイクオフ裏に次のリフトを探しに行くと1200くらいまで下がってしまいやり直し

和田さんが上がった下に入り中野と一緒に1850
中野は発射していくももうちょいあげたかったので盆地の東端くらいでマツさんと上げるも1850くらい
マツさん発射
僕もついてく

勝山手前でちょい戻し
マツさんより下やったけどリフトを見失ったので進む

と和田さん中野に追い付く
二人の手前でヒットしたので回してるとマツさんも合流
でもあまりあげれず
和田さんは南下
マツさん中野は南西へ
僕は少し低かったので西のランディングできそうなところに向かうとキツイシンクで採石場付近にランディング
約17キロ
Airtime 1h20min


かたしてる途中
中野より和田さんマツさんと2000mとの無線も入ってました

マツさんは美作インター付近にランディングしたもよう
今ヤン和田さん中野は霊石に戻ったそうな

サダボンさんは山崎付近とのことでした。

d0050195_11214972.jpg

この日のうじーえさんのbぉg記事
マツさんのblog記事
[PR]
by cxtwh785 | 2008-05-06 13:55 | FreeFlight


今年初の大佐メンバーは松さん大田、牟田に中野

乾燥注意報が出てるわりには湿った空気が入り込んで雲底は低し、空は白い。
ということで、本日の目標は篠山城150kmに決定!コースは脱男道。
というか、北風&低い雲底で那岐山に近づくことすらできません。

大佐で雲底2000(海抜)と渋いながらも北がらみなのでサーマルはぼちぼち荒れ目。そんな微妙な条件にもかかわらず、回収の段取りを一切せずに篠山城目指して飛んで行くハング馬鹿4人を待っていたものは…


ひたすら渋いサーマルと低い雲底(ToT)
2200で雲の中…おまけに地表は海風が・・・

3人は賢く津山盆地にLDして、車の回収へ。回収方法は基本の徒歩&電車。

それを聞いた残り1名はえっちらおっちらのんびり進むこと3時間。鬼門播但道から丹波に向う山並であいからわず海風&オーバーキャストに阻まれてあえなくランディング。115km。
今回も阻まれたけど、男道を通らない篠山までのコースは早く飛べばなんとかなりそうかな?しかし、日本記録をねらうにはこのコースは根性が足りん気がするが!(海風の影響を受けすぎる。)

ちなみに、わがままの代償は全く店がない北風強風吹曝しの中、22時まで回収待ち。
寒かった(>_<)
そんな俺を救ってくれた○○道路のおじちゃん、ありがとう!
[PR]
by cxtwh785 | 2008-04-29 06:29 | Tour

20080427 大佐XC

今日は大佐で飛んできました
メンバー マツさん,中野,ムタ,ユースケ

やはりフォローのテイクオフ
ムタがテイクオフし、続いてユースケがあまりないタイミングでテイクオフ
スイングラインがまったく張らず、やはり大佐のフォローテイクオフは怖い
続いてマツさん中野とテイクオフ

僕はメイン欄にはまだまだ怖くて降りれないので、
テイクオフ前のリーサイドのサーマルと格闘してるとムタが発射

マツさんは沖でヒットし荒れていないサーマルで(賢こ~、いや僕がアホなんか)僕と同高度2000mに
マツさんといっしょに発射

勝山手前 サンフォレストGCでヒット
中野が追いかけてきてるのを後ろ目に確認
2000まで複軌
マツさんがゆく
追いかける僕

久世で二人ちょっと戻してると
低く山並みにムタが (後で調べると笹向山)

そしてマツさんがゆく(高速沿い)
追いかける僕
ムタも復活中を確認しつつ先を目指す

津山盆地に入る手前、坪井周辺で二人低くなるもマツさんに先行してもらい(させ?!)
マツさんヒット
すかさず潜りこみ複軌

でもそれが最後になり50kmくらいの53号付近にランディング

airtime 1h34min
48.77km(直線距離 SeeYouで計測) (追記)

マツさんも同じところに降りて来る
(回収を考えてとのことでもっと行けたと思う)(追記)

結果は中野が110kmくらい播但道神崎南IC付近に
ムタは45kmくらい

車回収がいなく降りた地点から1時間半の徒歩で津山駅に行き、電車で大佐に戻ってます(;^_^A


初大佐XCは始終マツさんと行動でき楽しかった
スペインでのXCフライトや、2001年の板敷SFの白河ゴールのときと同じくらいな距離で自己記録は伸ばせなかったが
まだGWはあるんでまずは100kmクラブに入るゾー!

d0050195_6485229.jpg


マツさんのblog

ムタのblog

中野のログ(オークダイアリ)


GPSデータはこちら
http://briefcase.yahoo.co.jp/bc/cxtwh785/lst?.dir=/a517/e128&.order=&.view=l&.src=bc&.done=http%3a//briefcase.yahoo.co.jp/


d0050195_12385920.jpg

[PR]
by cxtwh785 | 2008-04-27 17:57 | Tour

大佐!20070503

メンツ 氏家さん、サダボンさん 湯浅さん アニッシュ堀川さん 和田さん 山寺さん、11さん、オーガさん、マツさん、中野、ユースケ、竹野(回収係)


西風強風 だましの風でチョロチョロとTOしていく
和田さん、マツさん、氏家さん、湯浅さん、サダボンさん、ユースケとTOしていく

みんななかなか上がらず僕はぶっ飛びしてしまったが
氏家さん、サダボンさん、湯浅さんは海抜1600位まで上がり、出発!

マツさんも出発
堀川さんも出発

結果 サダボンさん堀川さんは山崎まで(約90Km)
マツさん 美作まで
湯浅さん 津山インター近く(60キロ)
氏家さん 久世の弁当や

和田さん山寺さんオーガさん中野ユースケは春の大佐のメインランディング

Airtime 7min
[PR]
by cxtwh785 | 2007-05-03 21:10 | Tour

大佐への道 (メモ)

自宅から大佐までの道を調べてみた。

明日は竹野回収役員を駅で拾っていくので、
出発が7時過ぎになるので、大佐MLD集合9時半なので、
姫路JCTからフル高速で大佐SAまで。

以下はこれからの選択肢
[PR]
by cxtwh785 | 2007-05-02 21:23 | Tour