ユースケのハング日記


by cxtwh785
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

GpsDump

GpsDump  のページ を次に簡単に訳してみます。
変なところ等があれば教えてください。

元ページの link



GpsDump
GpsDump
GpsDump is a program for communication between a PC and a GPS Unit.
GpsDump can up/download tracklogs, waypoints, CTR data, ++ to most popular GPS devices in the free flying community.
GpsDump はPC とGPS機器との接続するためのプログラムです。
GpsDump はフリーフライングコミュニティの一般的なGPS機器とのトラックログ、ウェイポイント、CTR data などなどのアップ/ダウンロードができる。  


GpsDump can read/write most popular formats of tracklog and waypoint files.
It's very small and efficient.
USB downloads are handled very quickly, and USB to serial adapters are supported and well tested.
GpsDump はトラックログとウェイポイントファイルの一般的フォーマットを読み書きできる。
このプログラムは小さく、効率的である。
USB ダウンロードはすばやく行われ、USB - シリアルアダプターはよくテストされ、サポートされている。    


GpsDump is developed by Stein Sørensen, separately from FS.
FS rely on GpsDump for up/download functions as this is left out of the core functionalities of FS.
GpsDump はFS とは違い、Stein Sørensen によって開発されている。
FS はGpsDump にアップ/ダウンロード機能をあてするとして、FS の中核機能としては取り残しれている。   


Latest version of GpsDump can be found on Stein Sørensen's homepage.
最新バージョンのGpsDump はStein Sørensen's homepage で見つけれる。   

Downloading a tracklog in standard mode
スタンダードモードでのトラックログのダウンロード
1. Select COM port under the "Misc" menu.
1. "Misc" メニューの下でCOMポートを選択する。    

2. Connect the GPS to the computer and turn it on.
(Depending on the GPS-model you might need to set it in a certain mode before starting download.)
2. GPS をコンピューターにつなぎ、電源を入れる。
(GPS モデルにより、ダウンロードを開始する前にあるモードに設定しなければならないかもしれない。)   


3. Start the download by clicking on the appropriate button in GpsDump or use one of the menuitems or short-cuts under the "Logs" menu.
(Depending on the GPS-model you might need to do something on the GPS now.)
3. GpsDump の該当するボタンを押すか、メニューアイテムからか、"Logs"メニューのショートカットからダウンロードを始める。
(GPS モデルにより、このときになにか設定しなければならないかもしれない。)  


4. Once all points are downloaded they will be shown in a list in GpsDump.
4. 全トラックログポイントがダウンロードされると、GpsDump にリストが表示される。 

5. Select all (or the section) of the points and save the log (Alt-S, Ctr-A, Ctrl-S does the job).
5. 全トラックログポイント(もしくは一部)を選択し、ログを保存する。(Alt-S, Ctr-A, Ctrl-S でできる。)    

6. You will get a dialog that shows you some statistics and a box for entering a description.
All this will be saved inside the log when you press the "Save" button.
6. 統計と詳細入力用ボックスのあるダイアログが表示される。
"Save" ボタンを押すと、このすべてがログ内部に保存される。   


The resulting log is in GpsDump KML format (.kml).
This means it is an extention of the Google Earth KML format and if you double click on the file it will be shown in Google Earth if you have it installed on you computer.
This format is used by FS and also by The FlightLog.
この結果、ログはGpsDump KML format (.kml) で保存される。
これはGoogle Earth KML フォーマットの拡張子であり、もしこのファイルをダブルクリックすれば、コンピューターにGoogle Earth がインストールされている場合、Google Earth で表示される。
このフォーマットはFS で使われ、The FlightLog でも使われている。  


Competition Mode
大会モード
When using GpsDump together with FS to run a competition use GpsDump in Competition Mode.
This is done under the Misc menu.
GpsDump を大会でFSと一緒に使う場合、GpsDump をCompetition Mode で使う。
これはMisc メニューでできる。   


Note! You can run as many instances of GpsDump as you like on a single computer.
So if you are good at multitasking and got 12 COM ports ...
In real life we've found that handling more than 4 start getting confusing.
注意:一つのコンピュータで同時にたくさんのGpsDump を起動させれる。
もし同時進行にでき12個のCOM ポートをもつなら・・・
実用的には4つ以上で混乱を生じてくる。    


Screenshot of GpsDump in Competition mode
GpsDump の Competition mode のスクリーンショット   


At the start of the competiton
大会開始時

Setting up GpsDump
GpsDump の設定
1. Use FS (or some other tool) to create a FS database file (.fsdb) that has all the participants.
1. FS (もしくは他のソフト)を使い、全参加者を含む FS database file (.fsdb)を作成する。   

2. Select "Competition Mode" under the "Misc" menu.
2. "Misc" メニュー下の"Competition Mode" を選択する。  

3. Check the "Competition mode enabled" box.
3. "Competition mode enabled" ボックスをチェックする。  

4. Click on the "Read pilot list" button to select the FS database file.
4. FS database file を選択するため"Read pilot list" ボタンをクリックする。   

5. Click on the "Set comp. time" button to set a earliest start-time for tracklogs.
Any points recorded before this time will be removed.
5. "Set comp. time" ボタンをトラックログポイントの開始時刻を設定するためにクリックする。UTC で設定する   

6. Open a waypoint file ("File/Open wpts.") and select all (or some of) the waypoints (Alt-S, Ctrl-A).
6.  ウェイポイントファイルを("File/Open wpts.") で開き、全(もしくはいくつかの)ウェイポイントを選択する。(Alt-S, Ctrl-A).  

Upload waypoints to the pilots
選手へのウェイポイントのアップロード   

1. For each pilot simply select the correct menuitem under the "Wpts" menu to send waypoints.
   This brings up a "Select pilot" dialog.
1. 各選手にはウェイポイントを送信するため"Wpts" メニュー下の適切なメニューアイテムを選択するだけ。    

2. In the combobox with all the pilots listed you find the correct pilot
   (you can type the first few letters of a name to quickly find a pilot).
2. 全選手のコンボボックスより適切な選手探す。
   (すばやく選手を探すため最初の数文字を入力する)   


3. In addition to the waypoints from the waypoint-list,
two pilot-id "turnpoints", named "COMPID" and "CIVLID" (if there is one),
will be uploaded with the id's encoded in the coordinates
(set coordinate format to DD MM SS and you should be able to recognize the id).
3. ウェイポイントリストのウェイポイントに加え、
二つの"COMPID" と "CIVLID" (もしあれば)と命名された選手ID"ターンポイント"
が座標入りでアップロードされる。
(そのIDを認識するできるように座標フォーマットを DD MM SS に設定する。)   



COMPID will be used by GpsDump to suggest a default filename for the tracklog when downloading tracklogs later.
COMPID は GpsDump で後にトラックログをダウンロードするとき、トラックログのファイル名にデフォルトで示すのに使われる。   

After each task - downloading tracklogs
各タスク終了後 - トラックログのダウンロード

1. Open one (or more) instance of GpsDump and set in Competition Mode.
  It should remember the fsdb file selected earlier, if not select one.
1. ひとつ(かそれ以上)のGpsDump を開き、大会モードに設定する。
  既にfsdb ファイルが選択されているのか確認し、そうでなければ選択する。   


2. Start the download same way as in Normal Mode.
  GpsDump will first attempt to find the COMPID or CIVLID waypoint to identify the GPS (some GPS models do not give this away).
2. 普通モードと同じようにダウンロードを開始する。
  GpsDump はGPS判別のためにまずCOMPID か CIVLID を探し始める。(このようにしないGPS モデルもある。)   


3. A dialog (similar to the one seen when uploading waypoints) is shown where one can select pilot
  (if COMPID or CIVLID was found a pilot is suggested).
3. (ウェイポイントをアップロードするときに表示されたような)ダイアログが表示され、選手を選択できる。
  (もしCOMPID か CIVLID が見つかれば選手が示される)    


4. Select the correct pilot or accept the one suggested.
  If the pilot is not in the list just type in the name and a COMPID that is unique for the pilot in the competition
  (CIVLID is optional so leave it empty unless you have the correct one).
4. 適切な選手を選択する、もしくは示された選手か確認する。
  選手がリストになければ名前と、その大会でその選手独自の COMPID を入力する。
  (CIVLID はオプションであり、もしなければ空欄でもよい。)   


5. Remember to set a folder where the tracklogs should be saved.
  A new folder for each task is a good idéa.
5. トラックログが保存されるフォルダが設定されているか確認する。
  各タスクに一つずつフォルダがあるのはいい考えである。    


6. Press "OK" and the download begins
  (for Garmin/Serial this might take several minutes, for other models normally less than a minute).
6. "OK"ボタンを押し、ダウンロードが開始される。
  ( Garmin やシリアルポートでは数分かかり、他種では普通1分以内)    


7. When the download is finished the tracklog is saved and a message box tells you so.
7. ダウンロードが終われば、トラックログが保存され、メッセージボックスがそのように表示される。   

8. ready for next ...
8. 次の準備ができた。    


NOTE!
注意!

 FS must have the tracklogs in GpsDump KML format.
 FS でのトラックログはGpsDump KML フォーマットでなければならない。   

 Also, in order for FS to identify the tracklogs, the filenames must be on the form suggested by GpsDump in Competition Mode.
 またFS がトラックログを認識するために、ファイル名はGpsDump in Competition Mode で提示された形式でなければならない。   

GpsDump suggest filenames on this form: "<pilot name>.<time tracklog was saved>.
GpsDump はファイル名をこのように提唱する。: "<pilot name>.<time tracklog was saved>.<CIVLID>.<COMPID>.kml"  

The minimal requirement for tracklog-filenames is "<COMPID>.kml" or "<whatever ...>.<COMPID>.kml".
トラックログのファイル名は最小必要事項は"<COMPID>.kml" もしくは "<whatever ...>.<COMPID>.kml" である。

Notes on various instruments
各GPS機器への注意

XC-Trainer
XC-Trainer

・ One should initiate the download in GpsDump (ie press the "XC-Trainer (MXP)" button or use the Logs/... menu) before pressing "SEL" in XC-Trainer.
  GpsDump will wait "forever" for XC-Trainer to start sending data so no need to rush.
・ XC-Trainer の "SEL" ボタンを押す前に、GpsDump で(例えば"XC-Trainer (MXP)" ボタンを押したり、Logs/...メニューを使い)ダウンロードを開始させる。
  GpsDump はXC-Trainer が送信を始めるまで"永遠に"待つので、あわてることはない。   


・ Do not use TNC to send the log.
  This will give you whatever local time the instrument is set to.
  MXP will give UTC time which is what you want.
ログを送るため TNC を使ってはいけない。
  これは機器がどのように設定されていてもローカルタイムを送る。   ???
  MXP はあなたの望むUTC タイムで送信する。    


・ In some cases you might get some error from GpsDump while trying to download a tracklog.
  In these cases first try again, then try MXP 1s 19K, then MXP 3s 19K ...
  If MXP simply will not work for this instrument on this PC & COM port, try it on a different PC or COM port if you have one.
  Or try the TNC 1s 57K or 9.6 (set local time to same as UTC time first).
トラックログをダウンロードしようとするとき、GpsDump でエラーが起こる場合がある。
  このような場合まず再度試して、だめであれば MXP 1s 19K で試し、それでもダメなら MXP 3s 19K でと試していってください。
  このPCとCOM ポートで MXP がうまくいかないなら、あれば違うPCか COM ポートで試してください。
  (まずUTC タイムと ローカルタイムを同じに設定し)TNC 1s 57K or 9.6 を試してください。   



Garmin
Garmin

・ You will need the Garmin USB drivers for communication with a Garmin GPS via USB.
  These drivers are not included with GpsDump, but can be downloaded directly from Garmin,
  you can find a link on the OtherSoftware page.
・ USB を使いGarmin GPS を接続する際 Garmin USB drivers が必要です。
  このようなドライバーは GpsDump には含まれていないが、Garmin から直接ダウンロードできる。
  OtherSoftware page でリンクを見つけれる。


・ When using Garmin serial cable set the GPS to GRM/GRM mode.
・ Garmin シリアルケーブルを使う際は、 GRM/GRM モードに GPS を設定する。   


Brauniger/Flytec GPS models
Brauniger/Flytec GPS models
・ Older firmware versions (Compeo/5030 version 2.15 and earlier, Competino 1.14) have some issues with tracklog download, where the pilot/scorer have to select what flight to download.
  The newer firmware versions present a list of all the flights in the memory of the instrument, where the newest flight is selected.
  With some of the older firmware GpsDump will download the oldest flight on the instument.
  To fix this, select the relevant flight and press enter on the instrument to see the flight details screen before starting the download.
・ 古いファームウェアバージョン(Compeo/5030 version 2.15 and earlier, Competino 1.14) はトラックログのダウンロードで、どのフライトをダウンロードするかを選手/集計係が選択しなければならないという問題がある。
  最近のファームウェアバージョンではその機器のメモリ内の全フライトリストが表示され、(どのフライトが最新かを選択する。   ???)
  古いファームウェアの GpsDump は機器内の最古のフライトをダウンロードする。
  これを解消するため、ダウンロードを開始する前に適切なフライトを選択し、フライトの詳細を見るため機器のエンターを押す。   



Attachments
gpsdump-comp.png (83.3 kB) -GpsDump comp mode screenshot, added by oyvellef on 2008-02-09 18:17:58.
[PR]
by cxtwh785 | 2008-02-29 01:28 | FS