ユースケのハング日記


by cxtwh785
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

The FS Guide その2

The FS Guide

The FS Guide の続きその2 です。
簡単に訳してみます。
変なところ等があれば教えてください。

元ページの link



About the error margin when checking tracklog
トラックログチェック時のエラーマージン


Under "Tools/Options" one can set an error margin in percent of turnpoint radius.
The error margin is default 0,5%.
This is 2 meters for a 400 meter radius turnpoint.
200 meters for a 40km radius turnpoint.
This is used because there are a number of different ways the GPS devices calculate distance which may give slightly different distance.
"Tools/Options" の下でターンポイントの半径のエラーマージンを設定できる。
デフォルトでは0.5%です。
400m半径のターンポイントで2m
40km半径のターンポイントで200m
これは各GPS機器の距離計算方法によりほんのわずかな誤差がでてしまうためである。


If you do not believe this is necessary you should do a simple test
- create the same two turnpoint task of about 50-100km in a few different types of instruments, then look at the distance shown.
We wish these differences could be documented by the makers of the instruments, but it have not been successful so far.
もしこれが不必要だと思うなら簡単なテストをしたほうがいい。
いくつかの異なるGPS機器で50-100km の2つのターンポイントの同じタスクを用意し、表示された距離をみるとよい。
各GPS機器の説明書に違いが書かれていれば良いが、今のところ明記されていない。


About GpsDump
GpsDump


FS works well in combination with GpsDump when all communications with GPS devices is handled by GpsDump.
FsComp and FsFlight read the tracklog files saved by GpsDump.
GpsDump can also convert a range of formats to KML,
IGC files are for example very common and easily converted with GpsDump.
You are not locked to GpsDump, and may use any software you like to get the tracklogs downloaded,
just make sure it is stored in KML format and named correctly for FsComp to read and process it.
FS は GpsDump で各GPS機器との接続が行われた場合がうまくいく。
FsComp と FsFlight は GpsDump で保存されたトラックログを読み込む。
GpsDump はいくつかのフォーマットを KML ファイルに変換できる。
IGC ファイルはGpsDump で簡単に変換できるよくしれたファイル形式である。
GpsDump 以外でもトラックログをダウンロードできるソフトはあるが、
KML フォーマットで保存され、FsComp で読み込まれる正しい命名法で保存されているのを確認できればよい。


You can run many instances of GpsDump at the same time.
We found the practical limit to be 4-5, typically you will have one instance of GpsDump for each instrument type/cable.
The USB downloads are so fast that you normally handle three serial and one to two USB ports at the same time,
having pilot ID waypoints is very useful in this scenario.
同時にいくつかのGpsDump を起動させれる。
各GPS機器/ケーブルに一つのGpsDump を使うとして、実用的には4つか5つが限界だ。
この場合選手ID のWPT ( COMPID Wpt)を持っている場合)
USB でのダウンロードは早いので、普通、同時に3つのシリアルケーブルと1つか2つのUSB ポートが使える。


GpsDump have a competition mode, where it relates to the participant list from FS.
This makes it possible to register pilots GPS units by uploading a special ID waypoint to identify the GPS units.
This saves a lot of time and avoids human errors when downloading tracklogs during the heat of the scoring.
GpsDump は大会モードで FS の選手リストに関連付けできる。
これはGPS機器を判別するための特別なID のwptをアップロードできるので、選手のGPS を登録できる。
これにより集計中の忙しいトラックログのダウンロード時のヒューマンエラーを回避し、時間の節約もできる。


In competition mode GpsDump will store tracklog files in the following format
: [Pilot name].[Datetime].[CIVLID].[COMPID].kml
This makes it possible for FsComp to match the files to the participants,
and automatically check the tracklogs.
大会モードのGpsDump は次のフォーマットでトラックログを保存する。
:[Pilot name].[Datetime].[CIVLID].[COMPID].kml
これは FsComp に選手とトラックログファイルの関連付けを可能にし、
トラックログを自動的にチェックする。


GpsDump also have the option of applying a filter when downloading a tracklog.
This filter is very useful with Garmin GPS units that sends the whole tracklog, as the filter keeps the tracklog files clean,and only stores tracklog points that apply to the relevant task.
The tracklog filter works in UTC time as most GPS devices store tracklog in UTC,
and it it recommended to set it to filter anything before the start window open time.
Flytec/Brauniger integrated instruments will send only relevant data for the selected day,
so the filter is not so relevant for these instruments.
GpsDump はトラックログのダウンロード時にフィルターを適用することもできる。
Garmin のGPS機器はすべてのトラックログを送信するので、フィルターによりトラックログを綺麗に保て、各タスクに応じたトラックログポイントだけ保存できるので、このフィルターにより便利になる。
トラックログフィルターはほとんどのGPS機器がUTC トラックログを保存するので、UTC で機能し、
スタートウインドウオープンタイム(日本のゲートオープン時刻)前にフィルターを設定することを推奨する。
注意
Flytec/Brauniger はその日のデータのみを送信するようになっているので、これらの機器にはフィルター機能はあまり関係がない。


Setting up a new competition in FS
FS での新しい大会の設定方法


You should create a folder for your competition, we recommend to place it under My Documents\FsComps\compname
新しい大会用フォルダを作成する。My Documents\FsComps\compname 下にフォルダを作成するのを推奨する。

Start FsComp.exe, you will be greeted with a fairly empty window, don't worry, it will soon be full of data.
FsComp.exe を起動し、まったく新しいウィンドウが現れるが、心配せずとも、じきにデータでいっぱいになる。


Select "File/New Competition" and enter details then save the competition with "File/Save Competition..." to the folder you just created.
If the competition is a CIVL cat 2 (or 1) comp registered on http://civlrankings.fai.org/?a=303 then you could use the competition_id that is used there!
A .fsdb file has now been created with comp details.
"File/New Competition" を選択し、詳細を入力し、"File/Save Competition..." で先ほど作成した大会用フォルダに保存する。
http://civlrankings.fai.org/?a=303 に登録されているCIVL cat 2 (or 1) の大会であれば、 competition_id はそのページに使用されているのを使える。
.fsdb ファイルが大会の詳細と作成された。


If you've already run another comp using FsComp with mostly the same participants,
just copy the .fsdb file, then edit the details, delete the tasks, then remove/add participants...
FsComp でほぼ同じ参加者の別の大会でつかっていれば、
.fsdb ファイルをコピーし、詳細を変種し、タスクを削除し、参加者の追加/削除を行えばよい。


Adding Participants to the database
参加者のデータベースへの追加


When the competition have been set up, you will have an empty list of pilots.
大会が設定されれば、参加選手の空のリストがある。


By selecting the empty row and pressing Enter (or right-click and choose Edit or New)
you get a dialog for entering a new pilot.
Keyboard shortcuts: Insert - new pilot Delete - delete pilot Enter - edit pilot (or new if on empty row)

空の列を選択し、エンターボタンを押す(右クリックし、Edit か New を選択する)と、
新しい選手を入力するためのダイアログが表示される。
キーボードショートカット: Insert - new pilot Delete - delete pilot Enter - edit pilot (もしくは空の列の場合新しい選手の入力)


Select one or more rows by using normal windows mouse/key combinations - clicking and dragging, shift-click, or ctrl-click, and use the "Delete" key to remove participants
(you're asked to confirm each deletion).

マウスとキーボードの併用、クリックとドラッグ、シフトとクリック、ctrl のクリックと、Derete ボタンのクリックで数段の選択をし、参加者の削除ができる。
(各削除ごとに確認ダイアログがでる)


Using Excel to enter participants
エクセル使用による参加者の入力


Another option to get participants into a .fsdb file is to use "Participants.xlt"
This is an Excel Template which you just double-click on to create a new spreadsheet,
then add participants directly in Excel anyway you like.
Follow the instructions written as comments in the spreadsheet.
Note that you will need to have macros enabled in Excel for the spreadsheet to work.
.fsdb ファイルに参加者を入力するほかの選択として、"Participants.xlt" を使う。
これはエクセルのテンプレートでダブルクリックで新しいスプレッドシートを作成でき、
エクセルで直接あなたの望むように参加者を使いできる。
スプレッドシートのコメントに書かれている指示に従うこと。
エクセルでマクロを使用できるようにしておくこと。


Using Excel gives you the option of adding more information per participant, like paid status, mobile number, etc.
It will save you some time in the long run.
Note: after you have checked tracklogs of the first task and created results
you should not use this to add/update participants as it will remove flight data and results from all tasks.
エクセルを使用することで参加者ごとに支払い状況や、携帯電話番号等の他の情報を追加できる。
長い大会時にいくらかの時間短縮をできる。
初日のタスクのトラックログをチェックし、タスク結果を作成後は、
すべてのタスクから結果とフライトデータを削除してしまうので、この方法で参加者の追加/削除をしない方がよい。


check for irregularities, and correct any errors.
異常をチェックし、エラーを直す。


Importing participant list from other external sources
外部情報からの参加者リストのインポート


If you have a RACE database or a CompeGps .pil file with participants,
you can import pilots from these files using "Tools/Usefull stuff/Import pilotlist from ..." to initially populate the particpant list.
RACE データベースか CompeGps の pil 形式のファイル があれば、
"Tools/Usefull stuff/Import pilotlist from ..." を使うことにより、まず参加選手のリストの書き込む、参加選手のインポートができる。


If you are importing from a RACE database when having used it together with CompeGps you should select "pilNumber" as Pilot Id field from Race, as this is the field that CompeGps use when manipulating the RACE db and is the ID used in the tracklog filenames.
CompeGps を使いRACE データベースを作成したデータのインポートは
CompeGps ではこのフィールドがRACE データベースを操作し、このID がトラックログのファイル名に使われるので
Raceでの Pilot Id として"pilNumber" を選択する。


If you have a bunch of tracklogs, you can use "Tools/Usefull stuff/Create pilotlist from tracklogs".
The tracklogs must have file names as made by GpsDump in competition mode in order for FS to make sense of the files.
See About GpsDump.
Also no two tracklogs can have same id.
トラックログがたくさんある場合、"Tools/Usefull stuff/Create pilotlist from tracklogs" を使う。
トラックログは大会モードのGpsDump によりFS でそのファイル名が意味をなるように名前付けられている。
About GpsDump を参照。
二つのトラックログが同じID をもってはいけない。


For any of the import options above only pilots having id not already in the fsdb will be imported.
In other words, all existing participants will stay as is when importing,
to make sure newer data is not overwritten.
どんなインポートの方法でもfsdb ファイルにすでにあるID しかインポートされない。
言いかえれば、インポートの際、既に存在する参加者はそのままであり、
新しいデータだけが上書きされる。


その3に続く
[PR]
by cxtwh785 | 2008-02-23 23:51 | FS